検証データ|パーティ人数に応じて低下するペットの性能について

この記事は主に検証時のデータを記載したページとなります。
検証結果についていは以下の記事をご確認ください。

検証まとめ|パーティ人数に応じて低下するペットの性能について

2019年10月24日にパーティ枠外ペットが実装されました。
その際のお知らせには

パーティ内のペットの数が増えるほど、ペットが与えるダメージが低下していきます
なお、ペット合成の回数が多いほど、自身が与えるダメージの低下を緩和できます

との記載があり、検証しておりましたが、同年11月7日のメンテナンスにてパーティ内のペットの数ではなく、プレイヤーの数でペットのダメージが低下するように調整されました。

この記事には

  • プレイヤー数によってペットのダメージがどの程度低下するのか
  • ダメージ低下の緩和はどのくらいの合成回数でどの程度なのか

を検証したデータを掲載していきます。

これまでの検証でわかったこと

 PC2Pet1PC3Pet1PC4Pet1合成回数での
低下率緩和
ダメージ-17%-34%-51%あり
ASPD-17%-34%-51%なし
攻撃MP回復
(MP吸収等なし)
-17%
(MP 16)
-34%
(MP 13)
-51%
(MP 9)
なし
MP自然回復
(MP系ペットスキルなし)
-17%
(MP 9)
-34%
(MP 7)
-51%
(MP 5)
未確認
ペットチャージ
(SLv10)
-17%
(MP 830)
-34%
(MP 660)
-51%
(MP 490)
なし
応援
(SLv10 1回目)
-17%
(MP 83)
-34%
(MP 66)
-51%
(MP 49)
なし
  • 傭兵やパートナーもプレイヤーとして換算する
    (パーティ内のプレイヤー数でダメージ低下というよりパーティ内のパラ数でダメージ低下)
  • パーティ内のパラ数が3体の時は最初に呼び出したペットのみ慣れ変動がある
  • MP自動回復も低下あり
    (静穏・臆病ペット固有の5秒毎のMP回復は低下しない)
  • チャクラでペットのMPは回復しない
パーティ人数に応じた低下などについて現時点で判明していることを多少読みやすくまとめたページを作成しました。
そちらも合わせてご覧ください。

検証データ

  • 安定率100%になるペットを使用して検証しています
  • 検証用ペット以外はモンスターにダメージを与えていません
  • 気になる合成回数で検証しているため、検証時の合成回数に規則性はありません。
  • 計算で予測可能になってからは時間短縮のためPC3のみの検証しかしてない箇所もあります。
合成回数PC1Pet1
(慣れ有)
PC2Pet1
(慣れ有)
PC3Pet1
(慣れ有)
PC4Pet1
(慣れ無)
0562466(-17.081%)370(-34.163%)275(-51.067%)
98223109(-51.121%)
99224112(-50.000%)
100185153(-17.297%)122(-34.054%)92(-50.270%)
147253166(-34.387%)
148249166(-33.333%)
200336278(-17.261%)225(-33.035%)168(-50.000%)
294507420(-17.159%)339(-33.136%)253(-50.098%)
295508426(-16.141%)340(-33.070%)259(-49.015%)
300481404(-16.008%)322(-33.056%)245(-49.064%)
400610512(-16.065%)408(-33.114%)311(-49.016%)
441613410(-33.115%)
442630428(-32.063%)
500610512(-16.065%)414(-32.131%)317(-48.032%)
800598502(-16.053%)412(-31.103%)316(-47.157%)
882600504(-16.000%)414(-31.000%)317(-47.166%)
883603512(-15.091%)416(-31.011%)325(-46.102%)
900598508(-15.050%)412(-31.103%)322(-46.153%)
10001032877(-15.019%)712(-31.007%)557(-46.027%)
1100771655(-15.045%)539(-30.090%)424(-45.006%)
1200656557(-15.091%)459(-30.030%)360(-45.121%)
1300619526(-15.024%)433(-30.048%)346(-44.103%)
1400607515(-15.156%)430(-29.159%)339(-44.151%)
1500597513(-14.070%)423(-29.145%)340(-43.048%)
2500603524(-13.101%)446(-26.036%)373(-38.142%)
2600609529(-13.136%)456(-25.123%)377(-38.095%)
2700597525(-12.060%)447(-25.125%)376(-37.018%)
4000611549(-10.147%)488(-20.130%)421(-31.096%)
4100614552(-10.097%)491(-20.032%)426(-30.618%)
4200623560(-10.112%)498(-20.064%)436(-30.016%)
4300623560(-10.112%)504(-19.101%)442(-29.052%)
5000623573(-8.025%)517(-17.014%)461(-26.003%)
5130623573(-8.025%)517(-17.014%)467(-25.040%)
5986609566(-7.060%)523(-14.121%)487(-20.032%)
6000606563(-7.095%)521(-14.026%)484(-20.132%)
6057606563(-7.095%)527(-13.036%)484(-20.132%)
6167606563(-7.095%)527(-13.036%)484(-20.132%)
6182606569(-6.105%)527(-13.036%)490(-19.141%)
6183606569(-6.105%)527(-13.036%)490(-19.141%)
6373606569(-6.105%)533(-12.046%)496(-18.151%)
6764597561(-6.030%)531(-11.055%)495(-17.085%)
6765597567(-5.025%)531(-11.055%)501(-16.080%)
6911600534(-11.000%)
6912597537(-10.050%)
7941597573(-4.020%)555(-7.035%)531(-11.055%)
7942597579(-3.015%)555(-7.035%)537(-10.050%)
8088597555(-7.035%)
8089597561(-6.030%)
9264607588(-3.130%)
9265607594(-2.141%)
9509607600(-1.153%)594(-2.141%)588(-3.130%)
9510607600(-1.153%)594(-2.141%)594(-2.141%)
9705607600(-1.153%)
9706607607(0.000%)
9852607600(-1.153%)
9853607607(0.000%)
9902607600(-1.153%)
9903607607(0.000%)
  • ()内はPC1Pet1に対するダメージ比率(小数点第四位以下切り捨て)
  • PC=プレイヤー

この検証から推測出来ること

現状の傾向のまま途中で緩和率の天井などがなければ、合成回数10100回でダメージ低下がなくなるようです。
検証データと予測に誤差が生じているため、再検証しております。
検証が終わりましたので下記の記事に検証結果をまとめました。

検証まとめ|パーティ人数に応じて低下するペットの性能について

プレイヤーと傭兵でダメージ差が出るかなどの検証

  • 安定率100%になるペットを使用して検証しています
  • 検証用ペット以外はモンスターにダメージを与えていません
  • 傭兵による慣れ変動を防ぐため、検証用ペットの飼い主とは別のアカウントにて傭兵を呼び出しています
PC1Pet1PC2Pet1PC3Pet1PC4Pet1PC4Pet2PC4Pet3PC4Pet4PC2Pet2PC2NPC1Pet1PC2NPC2Pet1
722599476353353353353599476353
慣れ 有慣れ 有慣れ 有慣れ 無慣れ 無慣れ 無慣れ 無慣れ 有慣れ 有慣れ 無
PC3Pet1 PC3Pet3
(最初呼び出し)
PC3Pet3
(最後呼び出し)
476
428
380
476
428
380
476
476
476
慣れ変動 有 慣れ変動 有 慣れ変動 無
 
  • PC=プレイヤー / NPC=傭兵

ペットのASPD低下について

パーティ内のメンバーが増えるとペットのASPDも低下します。
低下率はペットの与えダメージと同じく1人増える毎に 17%、34%、51% 低下します。
合成回数での低下緩和は4000回合成の個体でもありませんでした。

合成回数PC1Pet1PC2Pet1PC3Pet1PC4Pet1
0168139(-17.261%)110(-34.523%)82(-51.190%)
1000743616(-17.092%)490(-34.051%)364(-51.009%)
4000178147(-17.415%)117(-34.269%)87(-51.123%)

その他に低下するもの

ペットの攻撃MP回復量

低下率はペットの与えダメージと同じく1人増える毎に 17%、34%、51% です。
合成回数での低下緩和は4000回合成の個体でもありませんでした。

応援によるMP回復量

低下率はペットの与えダメージと同じく1人増える毎に 17%、34%、51% です。
合成回数での低下緩和は4000回合成の個体でもありませんでした。

攻撃MP回復と応援の回復量を調べたログ

合成回数1000

合成回数4000

ついでに検証しましたが、チャクラによるMP回復はペットには効果がありませんでした。

ペットチャージによるMP回復量

低下率はペットの与えダメージと同じく1人増える毎に 17%、34%、51% です。
合成回数での低下緩和は4000回合成の個体でもありませんでした。

検証時のダメージログのスクショ

ダメージ低下の緩和率調査時のスクショ

合成回数0~500回

合成回数800~1100回

合成回数1200~1500回

合成回数2500~2700回

合成回数4000~4300回

合成回数5000・5130・5986回

合成回数6000・6057・6167回

合成回数6182・6183・6373回

合成回数6764・6765回

合成回数6911・6912回

合成回数7941・7942回

合成回数8088・8089回

合成回数9264・9265回

合成回数9509・9510回

合成回数9705・9706回

PC2のダメ低下がなくなるところ

合成回数9852・9853回

PC3のダメ低下がなくなるところ

合成回数9902・9903回

PC4のダメ低下がなくなるところ

低下緩和の1回目・2回目を探ってた時のスクショ

PC4の1回目の低下緩和(98~99回)

PC3の1回目の低下緩和(147~148回)

PC2の1回目の低下緩和とPC4の2回目の低下緩和(294回~295回)

PC3の2回目の低下緩和(441~442回)

PC2の2回目の低下緩和(882~883回)

パーティの内訳を色々試した時のスクショ

PC1~4+Pet1

PC4+Pet1~4

PC3+Pet3

PC2+Pet2/PC2+NPC1~2+Pet1

ペットのケージをご提供いただいた皆様、ケージを運んでくれた林檎さん、くりぼーさん、検証データから傾向の分析をしてくれたらうんじさん、本当にありがとうございました。
今後も合成回数を増やし、メンタルがもつ限り結果が見えるまでやろうと考えております。
ダメージ低下の緩和具合からして終わりなき戦いになりそうな予感ですが、温かく見守っていただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。