さるびあからのお知らせ
コメントやお問い合わせへの返信は基本的にブログ更新時とさせていただきます。
お急ぎの方はTwitterまたはゲーム内でお願いします。

【ペット育成例】自己回復型かばうペット(レジストペット)

林檎さんのブログ「レジストペット」 上位かばうペットと紹介されているペットの育成記事です。

最初に書いておきますが、高レベルペット同士の合成が前提になるので育成に手間がかかります
なので、このペット超凄い!!!といったゴリ押しはしません(笑)
まずは「かばう」だけを習得した高レベルペットを育ててみて、その後のパワーアップとしてバフを取らせるか、HP吸収を取らせるかを選択すると良いんじゃないかなと思います。

レジストペットとは?

「HP吸収」で自分のHPをある程度回復しつつ「かばう」でプレイヤーの被ダメを半分肩代わりしてくれるペットです。
まずはそれぞれのスキルの特徴を説明しておきます。

HP吸収

検証結果を見つけられなかったので連れ回しててざっくり見た感じですが、HP吸収によるHPの回復量はペットの与えダメの10分の1程度です。
固定値がいくつかあるという噂も聞きましたが、よくわからず…
ペットの与えダメージはパーティ人数に応じて最大で51%低下します。
なので、あまり過度な期待は禁物。

かばう

SLvに関わらず、プレイヤーの被ダメを半減して代わりにペットが55-SLv%(SLv10で45%)のダメージを受けるというスキル。
軽減のタイミングがPディフェンスや無敵などのダメ無効化の前となっているので、Pディフェンスや無敵などでプレイヤーのダメージを無効化してもペットはプレイヤーの被ダメを軽減した時と同様のダメージを受けます

壁パラで連れ歩いてるとペットのHPがゴリゴリ減ります(´;ω;`)ウゥゥ
とはいえ、被ダメ半減はかなり優秀な効果です!

さるびあのレジストペット

ポテンシャルはVITとINTで均等振り、ステータスはVITとINTカンスト後にAGIとDEXを調整で育成していますが、使い勝手が良いバランスだと思っています。
これ以上HPを削ると壁で使った時にHP不足で回復する前に死んでしまいそうだし、逆にHPを高くするためにMATKを下げると回復量が少なすぎてHP吸収の恩恵が感じられない気がしました。

参考程度に書いておくと、このペットを連れて闇竜アルテに3人パテの状態で挑んだ時のスニークSLv4の与えダメは1万~1.5万程度。
SLv10にしても4人パテだと与えダメはこれよりも若干下がるはず…
つまり、闇竜アルテにこのペットをスニークSLv10にして連れて行ったとして、スニーク1回による回復量は1000前後になると思われます。

育成手順

細かく書くと煩雑でわかりにくくなるため、ペット育成に関する基本的な部分は割愛しています。
他にも育成の仕方等あると思いますが、どなたかの参考になれば幸いです。

かばうペットを育成する

HP吸収ペットと合成する前に下記のように育成しておくのがオススメ。

見た目 好きな見た目
限界レベル 高ければ高いほど良いです
Lv185にはしておきたいところ
武器種 / タイプ / 性格 魔導具 / 天才 / 静穏
習得スキル かばう SLv5以上
オススメのポテンシャル振り VITとINTで均等振り
オススメのステータス振り VIT極み
※合成に影響しないのでこの時点では好きに振って問題なし

かばうはSLv10にするのがベストですが、ペットの肩代わりダメージにしか影響しないので無理にSLv10まで上げる必要はありません。

HP吸収ペットを育成する

かばうペットと合成する前に下記のように育成しておくのがオススメ。

見た目 下記記載の低倍率と高め倍率を持った見た目
限界レベル 高ければ高いほど良いです
Lv185にはしておきたいところ
武器種 / タイプ / 性格 魔導具 / 天才 / 正義
習得スキル HP吸収 SLv10
オススメのポテンシャル振り VITとINTで均等振り
オススメのステータス振り VIT極み
※合成に影響しないのでこの時点では好きに振って問題なし

見た目は攻撃MP回復のための低倍率通常魔法とスニーク用のそこそこ高め倍率持ちがオススメ。

  • ラムポトゥム・レムポトゥム(今は手に入らない幻の倍率100%ペット)
  • 砂賊団チョッパー・コロップ・ポージョ・コミュー・オオダマテントウ(通常魔法可150%と300%↑の倍率を持つペット
  • サトリポトゥム・ランバット(通常魔法2HITと300%↑の倍率を持つペット)

この辺りが向いていると思います。

かばうペットとHP吸収ペットを合成する

いよいよ最終合成の段階ですね。
我が家のレジペットをベースにまとめると最終合成後の個体は下記のようになります。

見た目 HP吸収ペットの育成で決めた見た目
限界レベル 高ければ高いほど良いです
Lv185にはしておきたいところ
武器種 / タイプ / 性格 魔導具 / 天才 / 正義
継承スキル HP吸収SLv10 かばうSLv5以上
合成後習得スキル スニークアタック
ポテンシャル振り VITとINTで均等振り
ステータス振り VIT極残りINT
これでもステが余るので残りはAGIとDEX調整

合成後ポテンシャルを振り終える前に「スニークアタック」を習得させるのをお忘れなく!
「スニークアタック」起点で「MP吸収」「応急手当」が取れたら大勝利ですね!
「スニークアタック」→「MP吸収」と進めたとしても、そこから「HPアップ」を狙うと反対側の「かくれる」を引いてしまう可能性もあるので「MP吸収」が引けた場合はそこでストップしておきましょう。
ちなみに、我が家のレジペットさんは「ヘビーアタック」に進んだので「HPアップ」を狙っても良かったんですが、スキル修行Lv3の失敗による教育値消費が嫌だったのでスキル修行Lv3は行っていません。

ステータスはATKよりMATKが高くなるようにすることさえ出来ればあとはお好みでVIT優先型にしたり、INT優先型にしたり…
上記の表は我が家のレジペットをベースにまとめたものなので、あくまでも育成例ということで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です