さるびあからのお知らせ
コメントやお問い合わせへの返信は基本的にブログ更新時とさせていただきます。
お急ぎの方はTwitterまたはゲーム内でお願いします。

【ペット育成例】破壊付与率100%!シルブレペット

シルブレペットとは?

「シールブレイカー(以降シルブレ)」を使用して状態異常「破壊」を付与することが可能なペットです。
シルブレSLv10使用時の破壊付与率は100%となります。

状態異常「破壊」の効果
  • 敵のDEF・MDEF値を半減させる
  • 効果時間は5秒

破壊の効果時間中に破壊付与効果のあるスキルを使用すると抵抗時間となり破壊が付与されません。

無駄打ちになってしまわないようにシルブレの使用間隔を5秒以上にすることで破壊が付与された状態を維持しやすくします。

林檎さんのブログによると

  • ミッタートレーの威力倍率533%でシルブレを使用
  • ミッタートレーのASPDは303以下

でシルブレの発動間隔を5秒以上にすることが出来るようです。

補足説明
ペットのモーションの長さは威力倍率が高ければ高いほど遅くなります。
現時点ではミッタートレーの533%が最大で、次点でオジーやケービスなどの501%がありますが、501%だとシルブレの発動間隔が5秒未満になってしまうそうです。
つまり、現時点では破壊が付与された状態を最も維持しやすいペットはミッタートレーということになります。

シルブレは消費MP600のスキルのためMPアップ+臆病のMP自然回復があっても、数回使用した後はMP不足で使用する間隔が長くなります。
MP最大時から5~6回程度は5秒前後の間隔で使用してくれますが、それ以降は9秒前後の間隔になります。

シルブレペットに最適なペット

見た目 ミッタートレー
武器種 / タイプ / 性格 杖 / 物理防御 / 臆病
シルブレ使用時の威力倍率 533%
シルブレ使用時のASPD 303以下

武器種「杖」のペットのASPDの計算式は60+Lv+AGI+(AGI×4+INT-1)×0.2となっていて、AGIやINTにステ振りしていなくてもペットのレベルが上がるだけでASPDは上昇するため、ASPD303以下にしようとすると限界レベルはあまり高く出来ません。
ペットのASPDはパーティ人数に応じて低下するため、他のプレイヤーや傭兵とパーティを組んだ状態で使用することを視野に入れれば、限界レベルをある程度高くしてもシルブレ使用時のASPD303以下という条件を満たすことが出来ます。

注意
ペットのASPDなどのステータスはマイルームで以下の手順で確認できます。

  1. 【ペットステータス】
  2. ステータスを確認したいペットを選択
  3. 【ステータス確認】
  4. 【ペット強化】

傭兵や他のプレイヤーとパーティを組んだ状態でステータスを確認するとパーティ人数に応じたASPDの低下措置が反映された状態での表示となります。

さるびあのシルブレペットの紹介

「シールブレイカーSLv10」と「MPアップSLv10」を継承させた状態で、その他のスキルは何も習得させずにVITトレーニングのみ行いました。
ステータスはVITカンスト後にINTに振っていますが、武器種が杖の場合AGIだけではなくINTのステータスもASPDを上昇させるので注意が必要です。

私のシルブレペットはプレイヤー1人+ペットの状態でパーティを組むと上記2枚目の画像の通りASPDが365となってしまいますが、傭兵や他のプレイヤーと組んだ状態であればASPDが17%低下の302になります。

シルブレペットの育成手順

合成前提のペットになるので手順が複雑です。
細かく記載しようとすると煩雑になってしまい私の日本語が迷子になるので、私の育成手順をベースに要点をまとめたつもりです。
他にも育成の仕方等あると思いますが、どなたかの参考になれば幸いです。

ペットの最終的な限界レベルを決める

ペットのASPDをいくつにするか決める

ペットのASPDはパーティの人数に応じて低下措置があるので、まずは何人パーティで呼び出すのかを決めて、ASPDをいくつに調整するかを決めます。

ペットの最終的な限界レベルをいくつにするか決める

先ほども書いた通り、ペットのレベルが上がるだけでASPDが上昇するため、ASPDをいくつに調整するかを決めたら、次に限界レベルをどこまでなら上げても大丈夫かを計算してから個体の準備をします。
そこで便利なのが木見鳥さんのペットのステータスシミュレータ。

私の場合は傭兵や他のプレイヤーとの2人以上パテで破壊の抵抗時間が出なければ良いかなと思ったのでASPD366以上にならないようにします。

VITカンスト後INTに振りたい場合は限界レベル130
INT無振りであれば限界レベル140まで大丈夫そうです
ここまでのまとめ
ミッタートレーの威力倍率533%でシルブレを使用させる場合、呼び出し時のペットのASPDが303以下になるように育成する。
パーティ人数に応じて呼び出し時のペットのASPDは低下するので、何人パテでの使用を想定して育成するのかを決めて、ASPDがオーバーしない範囲のペットレベルにする。

杖/物理防御/臆病、ポテンシャルINT:37/AGI:62以下なら

パーティ人数2人(ASPD低下17%)で使用→ASPD366以下
  • VITカンスト後INT
    限界レベル:130(HP:27627 / MATK:819+戦闘力 / APSD:366)
  • VITのみ(INT&AGI振り無)
    限界レベル:140(HP:31752 / MATK:434+戦闘力 / APSD:366)
パーティ人数3人(ASPD低下34%)で使用→ASPD460以下
  • VITカンスト後INT
    限界レベル:169(HP:45351 / MATK:1125+戦闘力 / APSD:460)
  • VITのみ(INT&AGI振り無)
    限界レベル:182(HP:52230 / MATK:566+戦闘力 / APSD:458)
パーティ人数(ASPD低下51%)で使用→ASPD620以下
  • VITカンスト後INT
    限界レベル:240(HP:88765 / MATK:1408+戦闘力 / APSD:619)
  • VITのみ(INT&AGI振り無)
    限界レベル:255(HP:99917 / MATK:793+戦闘力 / APSD:620)

上記はシミュレータ上のデータため誤差が生じる可能性もあります。傭兵もパーティ人数に含みます。

参考までにVITカンスト後INT振りした場合とINT振りしない場合のシミュレータ上のデータを記載しましたが、パテ人数によってペットの与えダメージは最大で-51%になってしまうのもあり、残念ながらシルブレによる与えダメはあまり期待出来ません

シルブレを習得したペットを用意する

ペットにシルブレを習得させる

習得方法としては二通りあります。

  1. 静穏か近接臆病のペットを用意し、「ブラインドアイ」を起点に「シールブレイカー」SLv3以上を狙う
    【メリット】
    限界レベルが高めの個体でスキル厳選出来るので、個体厳選を頑張れば合成回数が少なくて済む
    【デメリット】
    運が悪いとスキル厳選用の静穏か近接臆病のペットが沢山必要になるため、個体確保のための時間またはマケ購入費用がかかる
  2. 合成を利用してスキル修行Lv3で習得するスキルを「MPアップ」「ヒーリング」「シールブレイカー」の三択に絞った上で「シールブレイカー」SLv5を狙う
    【メリット】
    スキル修行Lv3で習得するスキルが三択に絞れるので「シールブレイカー」を引きやすい
    性格は引き継げるため静穏個体を1匹用意すればスキル習得時に使う他の合成用個体は何でも良いので個体を用意する時間や購入費用が➊より少なく済む
    【デメリット】
    限界レベル2の個体になるので限界レベルを上げるための合成が何度か必要になる

「シールブレイカー」はスキル修行Lv3でしか習得出来ない習得難易度の高いスキルなので、個人的には➋の合成を利用した手順での習得をオススメします。

合成を利用したシルブレ習得の手順

合成用のペットを用意する

性格「静穏」のペット1体と、適当なペット1体を用意し、「レイジアタック」を習得したペットと「マインドアップ」を習得したペットにしてから2体を合成します。

合成でスキルと性格を継承する

合成の際には下記のように必要な箇所を継承させます。

それぞれのペットから「レイジアタック」と「マインドアップ」を継承し
性格「静穏」を継承し
「レイジアタック」と「マインドアップ」を継承した「静穏」のペットを作ります
合成したペットでスキル修行を行う

次に先ほど合成した「レイジアタック」と「マインドアップ」を継承した「静穏」のペットで「ブラインドアイ」を起点にスキル修行を行います。

「レイジアタック」と「マインドアップ」を継承しているので、「ブラインドアイ」習得後のスキル修行Lv2では「MPアップ」か「カットアップ」のみ習得可能になります。
こうすることでスキル修行Lv3で習得する可能性があるスキルを「HP吸収」「ヒーリング」「シールブレイカー」の三択に絞ることが出来ます。
「シールブレイカー」が習得出来なかった場合は再度合成から行う

スキル修行Lv3で「シールブレイカー」が引けなかった場合は新しく「レイジアタック」か「マインドアップ」を習得させたペットを1体用意して、合成しなおして、再度スキル厳選を行います。

先ほど同様に「レイジアタック」と「マインドアップ」を継承し
性格「静穏」を継承して
「レイジアタック」と「マインドアップ」を継承した「静穏」のペットを作ります

あとは「シールブレイカー」が引けるまでスキル修行Lv1~3と合成を繰り返すだけです。
せっかく合成を利用して「シールブレイカー」を引きやすくしているので、SLv5を狙うのがオススメです。

シルブレを習得したペットを育成する

シルブレを習得したペットが用意出来たら…

  1. ポテンシャルをVITのみで教育
  2. シルブレのスキルレベルを10まで上げる
  3. 杖/物理防御/臆病になるように合成で調整する
  4. 必要に応じて限界レベルを合成で調整する

MPアップを習得したペットを用意し、育成する

静穏または近接臆病のペットにMPアップを習得させます。
MPアップを習得したペットが用意出来たら…

  1. ポテンシャルをVITのみで教育
  2. MPアップのスキルレベルを10まで上げる
  3. 杖/物理防御/不問または近接武器/物理防御/臆病になるように合成で調整する
  4. 必要に応じて限界レベルを合成で調整する
    シルブレ習得済みのペットと合成した際の限界レベルが最終目標の限界レベルになるように調整します

シルブレを習得したペットとMPアップを習得したペットを合成する

合成後の個体が下記のようになるよう合成します。

見た目 ミッタートレー
武器種 / タイプ / 性格 杖 / 物理防御 / 臆病
継承スキル シールブレイカー SLv10
MPアップ SLv10
限界レベル 手順➊で決めた限界レベル

シルブレとMPアップを継承したペットを育成する

無事にシルブレSLv10とMPアップSLv10を継承したペットが用意出来たら…

  1. ポテンシャルをVITのみで教育
  2. 外に連れ出す前にステータスボーナスをVITに振る
  3. レベルアップで得たステータスをVITに振る

合成後にスキル修行で新たにスキルを習得させることも出来ますが、シルブレだけでもMPが足りなくなるためパッシブスキル以外の習得はあまりオススメ出来ません。
「応急手当」の習得を視野に入れる方もいらっしゃると思いますが、近接臆病のペットに応急手当を習得させても使用してくれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です