【ペット育成例】2バフ維持型サポートペット

支援スキル2種を効果が切れる前に掛け直し維持してくれるペットです。
スキルレベルを上げた後にそこそこのレベルまで育ててから合成をしなければならないため、育成の手間は結構かかりますが強力なパートナーになってくれます。

合成不要なバフペットについてはこちらの記事に記載しております。

ペット入門にオススメ!合成無しで育てられるペット育成パターン3種

さるびあの2バフペットの紹介

合成とスキルギャンブルを繰り返していたため限界レベルが高くなっていますが、Lv144時点でのHP33,000越えてるので、今はのんびり育成中。
ブレイブの初期レベルが2だったため、心折れてスキルレベルは中途半端な状態です…
いつか本気出します。きっと。

2バフ維持型サポートペットの育成手順

  1. 静穏or近接臆病のペットにクリティカルアップorカットアップを習得させ育成する
  2. 物理防御タイプのペット育成し、➊のペットと合成でバフスキルと物理防御を継承させ育成する
  3. 静穏or近接臆病のペットにMPアップを習得させ育成する
  4. ➋のペットと合成でバフスキル・MPアップ・物理防御を継承させる
  5. ➍のペットでブレイブアップorマインドアップを習得させ育成する
上記はあくまで一例です。
習得させたいスキルなどはご自身の好みで置き換えて育成してください。

バフスキル習得用ペットを育成する

見た目 好きなペット(赤アクションが使えるペットがオススメ)
武器種 / タイプ / 性格 武器種自由 / 不問 / 静穏
または
近接武器 / 不問/ 臆病
習得スキル クリティカルアップ または カットアップ
ポテンシャル VITトレーニング
ステータス 合成に影響しないのでお好みで
  1. 静穏or近接臆病のペットにクリティカルアップまたはカットアップを習得させる
    習得出来なかった場合は、新たに静穏or近接臆病のペットを用意してクリティカルアップまたはカットアップを習得させる
  2. エサ効果教育成功率+50%を引いた状態で教育値100%になるまでVITトレーニングの「むずかしい」を繰り返す
  3. ペットのレベルを上げつつ、クリティカルアップまたはカットアップのスキルレベルを10にする

ブレイブアップマインドアップはスキル修行Lv1にて確定で習得可能なため、最終合成後に習得させます。

MPアップ習得用ペットを育成する

見た目 限界レベルが高いペット
武器種 / タイプ / 性格 武器種自由 / 不問 / 静穏
または
近接武器 / 不問/ 臆病
習得スキル MPアップ
ポテンシャル VITトレーニング
ステータス 合成に影響しないのでお好みで
  1. 静穏or近接臆病のペットにMPアップを習得させる
    習得出来なかった場合は、新たに静穏or近接臆病のペットを用意してクリティカルアップまたはカットアップを習得させる
  2. エサ効果教育成功率+50%を引いた状態で教育値100%になるまでVITトレーニングの「むずかしい」を繰り返す
  3. ペットのレベルを上げつつ、MPアップのスキルレベルを上げる
らうんじさんの検証によると、使用するスキルの消費MPの合計が300までの場合、MPアップSLv6以上であればMP回復が追い付くようです。
余裕をもってバフを掛け直してほしい場合や、バフが途切れてしまうのが心配な場合はMPアップSLv10にしておきましょう。

(必要に応じて)タイプ合わせ用ペットを育成する

見た目 限界レベルが高いペット
武器種 / タイプ / 性格 武器種自由 / 物理防御 / 静穏
または
近接武器 / 物理防御 / 臆病
習得スキル なし
ポテンシャル VITトレーニング
ステータス 合成に影響しないのでお好みで

バフスキル習得用ペットとMPアップ習得用ペットのタイプが物理防御以外で最終合成後のペットのタイプを物理防御にしたい場合に必要になるペットです。
このペットからはタイプしか継承させないのでスキル修行は必要ありません。
他のペットと同様にVITトレーニングを行いレベルを上げたら合成に利用しましょう。

用意したペットを合成する


上記のチャートのように合成し、ブレイブアップまたはマインドアップを習得させて、下の表のような個体が出来上がれば完成です。

見た目 好きなペット(赤アクションが使えるペットがオススメ)
武器種 / タイプ / 性格 武器種自由 / 物理防御 / 静穏
または
近接武器 / 物理防御 / 臆病
継承スキル クリティカルアップ または カットアップ

MPアップ
習得スキル ブレイブアップ または マインドアップ
ポテンシャル VITトレーニング
ステータス VIT > AGI または INT

最終合成後の個体はステータスをちゃんと振りましょう。
ポテンシャルを振り終えたら外に連れ出す前に合成で入手出来るステータスボーナスを振り忘れないように注意。
ペットのステータスは255になるまでしか割り振ることが出来ず、ポテンシャル値による自動加算もあるため、早い個体だとLv25くらいでVITカンストするので細目に確認しましょう。
VITカンスト後のステータスポイントはASPDやFLEE目的でAGIに振るか、MDEF目的でINTに振るのが一般的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です